メインイメージ画像

昨今ソフトウェアに求められているセキュリティについて

インターネットが普及していなかった、かつて、ソフトに求められたものは効率であり、いかにして業務をソフトウェアによって効率化し、省力化して責務を迅速にこなすかということでした。

その頃は、社内などの一部で閉じられたものであって、セキュリティという事情を考慮されることはありませんでした。その頃は、情報そのものについて重要視されておらず、実際に重要な情報については、紙ベースで保管されていたりしたからです。しかし、ソフトウェアがネットワークとほとんど不可分になってきた最近では、セキュリティが、ソフトウェアの質を判断する大きな指標となってきています。

ネットワークによって、ソフトウェアはいつも脅威にさらされていますし、そういう攻撃が続くのは、情報そのものに優れた価値があり、利用方法が生まれてきたからです。重視はされていても、セキュリティ面は、ソフトウェアを開発する中では、お座なりにされることがしばしばです。堅牢であればあるほど、良いに違いありませんが、それはすぐ評価されるものではなく、多くの場合漏洩などの問題が勃発して、初めてその価値が着目されるのです。



セキュリティでの損害は、そのソフトウェア上のものだけでなく、企業全体にダメージを与えます。イメージを悪くしますし、漏洩などを起こした時の損失の補償、この先の企業活動を難しくすることなどが挙げられます。

セキュリティを高めるためには、適切な設計を行うこと、機能面の充実などといった、ソフトウェアそのものの質を高めるとともに、運用に関しても考慮は必要です。

セキュリティについて、ここまで行えばよいというものはなく、完全を目指しつつ、もしもの事態に備えておく姿勢が必要です。例として、常時攻撃がされていないか監視を続けること、異常があった場合は早急に対処を行って、課題を発生させないようにすること、あるいは被害を最小限にすることです。つまり、総合的な面からソフトウェアのセキュリティは、高められていく必要があります。

更新情報